ホームページを見てご来店いただきました。
テスラの右のリアフェンダー(右後ろのパネル)
の修理とリアバンパーの修理となります。
テスラはパネルがアルミですが、修理可能なので
板金で行く事にしました。


リアバンパーも穴が空いてますが、外して穴を埋めてからの修理となります。
リアフェンダーはアルミですが、板金可能なので作業をすすめます。
image

バンパー少し穴が空いてます。
もっと穴が大きくても修理するのでこれぐらいは大丈夫です。

image

バンパーや付属の部品も外してからの作業となります。
image

バンパーの下に大きなカバーが付いてますがそれも分解してから作業をします。
image

リアフェンダーの下側のカバーを外せば手が入るのでそこから鈑金作業をしていきます。
アルミなので鉄よりも気を使いながらの作業となります。
裏に手が入るので少しやりやすいです。
image

板金作業が完了後にパテを付けて塗装の為の下地作業に入ります。
板金が上手くいったので作業もすいすい進みます。
image

同時にバンパーの穴埋めをして下地作業をしていきます。
(穴埋め中の写真は撮り忘れました、、、)
image

パテ作業完成後にサフェイサーを塗ってほぼほぼ下地作業はおわりです。
image

調色機にて色合わせ作業をしてからボディをマスキングしてから塗装作業にかかります。
当社にあります調色機(色合わせをする機械)はテスラであっても問題なく速やかに色合わせができます。(大変優秀です!)
image

まずはベースとなる白色を薄く塗っていきます。
いわゆる白のパールなんですが上手くぼかし塗装(グラデーションみたいなイメージ)
をしなければ仕上がりが悪くなってしまいますので慎重に作業を進めます。
image

ベース塗装完成時です。
この上からパール塗装をしていきます。
image

パール塗装完成時です。
写真は一枚ですが何層かに塗られています。
この段階で色の境目等が分からないように塗装をします。
この後、クリアー塗装をして完成です。
image

クリアー塗装後です。
image

乾燥後に磨き作業をすれば塗装作業がおわります。
image

バンパーも同様に塗装後に乾燥させてから磨き作業をして、全ての部品を組み付けて作業が完成となります。
image

空いていた穴も無事に塞がり、リアフェンダーの凹みも綺麗に治りました。
image

この様に共和自動車工業ではアルミボディの鈑金も得意としておりますので、
お気軽にご相談ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。