ホームページを見てご来店いただきました。
ドアのレギュレターの交換作業になります。
レギュレターは窓の上げ下げをする重要な部品になりますが、運転席側は使用頻度が高いので故障する事が多いです。
これが潰れると窓が降りなかったり、下がりっぱなしになったりして破損した場合は地味に嫌な部品になります。

今回は原因はわからないですが、ドア側のレギュレターを止めるネジが脱落しているというちょっとレアなケースなので写真をあげてみる事とします。

因みに他店ではドアごと交換すると言われたそうです……
当社では修理が可能と判断致しましたので修理て対応いたします。

まずはドアの内張を外してどんな感じかを確認します。
image

なんと!レギュレターが脱落してしまっていました

しかもボルトの穴が広がっています……
これは少し大変な感じです。
image

取り敢えずレギュレターを取り出して作業をはじめます。
レギュレター自体もバネが取れてしまってます。
image

新品のレギュレターと間違いがないか確認してからの取り付け作業となります。
image

ドアの内側を板金してワッシャーごと溶接するという修理をするので仮止めをしながら場所を決めていきます。
image

溶接をしてしっかりとしているか確認していきます。
image

内張を組んで、レギュレターをリセットして完成となります。
image

この様に共和自動車工業では、他店で交換と言われた場合でも修理で対応できる場合がありますので気軽にご相談下さい。
ドアを交換ドアなると金額も高額となりますので
修理でいければ大分お安くなります。

最後まで見ていただきありがとうございます。